CX-5値引き情報

CX-5値引きはその時その時で値引き金額が異なります。まずは現状の値引き状況を確認しておきましょう。

 

CX-5車体値引き限界額 CX-5オプション値引き率
27万円 10%~15%

合計限界値引き額→30万円

 

 

当サイトでは、CX-5の値引きを限界まで引き出し、トータルで50万円コストカットする方法をご紹介しています。ぜひお付き合いください。

 

まずはCX-5値引きの下準備

 

CX-5を買う際、「今乗っている車はディーラー下取りに出そう」なんて人が多いはずです。「どうせ大した金額にはならないけど、タダよりはマシ」くらいに考えていませんか?愛車の買取相場をしっかり調べていますか?

 

実は、何も考えずにディーラー下取りに出そうとするお客さんは、営業マンからは「チョロい客」と思われています。ちょっと一言言うだけで、かんたんに契約するからです。

 

ここで、よくある事例をご紹介します。

 

 

もうCX-5は値引きできません…。ですが、下取り価格を20万円増額して、40万円で買取ることができますよ!


 

「どうせたいした価格にはならない」と思っていたお客さんは、下取り増額で大喜び!すぐに契約してしまいます。しかし、家に帰ってから、何の気なしに愛車の買取相場を調べてビックリ!なんと、100万円で売れることがわかるのです。

 

 

このまま下取りに出してしまうと、60万円マイナスとなってしまいます。しかし、もう遅いのです。契約書にハンコを押した後、下取りナシに変更するのは契約違反なのです。

 

下取りナシへの変更は不可能ではありませんが、面倒な手続きが必要です。また、最悪の場合賠償金を請求されることもあります。

 

このように、下取りだけを考えて、愛車の相場を調べないでいると、営業マンにやり込められて大損する可能性が高いほか、CX-5の値引き交渉の土俵に立つこともできないのです。

 

逆に、愛車の買取相場を知っているなら、

 

 

下取りアップはいいけど、まだまだ相場より安いね。それだけ余力があるなら、オプション値引きしてよ。


 

こんな風に切り返すことができるので、CX-5値引きの交渉の幅がグッと広がることになるのです。

 

「下取りナシだと、値引きできないんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

 

これは確かにその可能性もあります。

 

なので、まずは下取りアリでcx-5の値引き交渉を進めてください。そして、交渉が煮詰まってきたら、

 

「cx-5の値引きを頑張ってくれたので、やっぱり愛車は友だちに譲ります」

 

などといって、下取りを引き上げればOKです。

 

まだ契約前なので、下取りアリをナシにするのは自由ですし、営業マンも文句は言いません。

 

愛車の買取相場を知るには?

 

安易にディーラー下取りを選んでしまうと、安く買いたたかれてしまうだけでなく、値引き交渉も不利になってしまいます。なので、まずは愛車の買取最高額を知ることが第一歩です。

 

愛車の買取最高額を知る方法は1つだけ。それは、複数の業者を競争させる一括査定方式です。

 

 

中古車買取業者は独自の販売ルート(地域密着・海外など)を持っているので、販売ルートの少ないディーラー下取りよりも高い価格で買い取ることができます。

 

しかも、一括査定形式となるので、オークションのような形になり、他の業者に負けないように必死で高い価格をつけるのです。買取業者は車を買い取るのが仕事なので、「戦争」と言われるほど激しい買取合戦をしています。なので、下取りよりもずっと高い価格がつくのです。

 

一括査定サービスはいろいろありますが、その中では「かんたん車査定ガイド」が便利です。

 

 

 

申し込み完了後すぐに↑の画像のような暫定価格が表示されるので、その場で買取相場を把握することができます。あとは金額をメモしておいて、CX-5の値引き交渉に臨めばいいのです。

 

JADRI(日本自動車流通研究所)に所属している業者しかいないので、おかしな業者にあたる心配がないのも利点でしょう。

 

公式サイトで「下取り」VS「一括査定」の査定額比較の実例も見られるので、一度チェックしてみてください。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
>>http://a-satei.com/

 

その他の一括査定サービス紹介

 

もっと買取価格をアップさせたいときは、別の一括査定サービスで見積もりを取ると良いでしょう。その分たくさんの業者から査定を受けられるので、愛車の買取価格がさらにアップしやすくなります。

カーセンサー

リクルートが運営する自動車サイト「カーセンサー」の一括査定サービスです。最大30社から査定を受けられるので、高額査定が出やすいのが魅力です。リクルート運営なので安心感があるのもうれしい点です。

 

公式サイトはこちら
>>http://www.carsensor.net/

ズバット車買取比較

地域密着の買取業者に強いのがズバット車買取比較です。買取業者の少ない田舎や郊外に住んでいるなら、こちらで一括査定をすると高額買取が出やすいです。

 

公式サイトはこちら
>>http://www.zba.jp/

 

CX-5ならではの値引き情報を知っておこう

 

CX-5は国産SUVとしては珍しいディーゼル仕様をラインナップしており、クールなデザインもあいまって人気を集めています。CX-5はマツダの看板車種となりつつあり、その影響もあって値引きは渋めでしたが、ここ最近はやや緩んできているようです。とはいえ、何もしないでいるとCX-5の車体価格値引きは10万円程度でストップをかけられることもあり、きっちりと限界値引きを拾っていくには交渉をしっかりこなしていく必要があります。

 

CX-5はマツダの車なので、マツダ特有の交渉術を使うことになります。マツダ車の値引きの基本はライバル車競合と言われますが、実は違います。実は、地域によっては経営資本の異なるマツダディーラーが複数存在していることがあり、相見積もりさせることでCX-5の値引きを拡大させることができるのです。経営元の違うマツダを見分ける方法は簡単で、会社名が1文字違えば基本的には別資本となります。例えば「株式会社関東マツダ」と「東京マツダ販売株式会社」は別資本となりますので、ノルマも違ってきますし、CX-5のお客さんの奪い合いを行います。

 

もちろん、ライバル競合がダメなわけではありません。CX-5の場合はエクストレイルやハリアーなどの強敵がいますので、競合させることで値引きを伸ばしていくことができます。

 

CX-5の値引きを行う場合、まず基本となるのがマツダ同士の競合です。ただ、地域によっては異資本ディーラーがあまりない場合もあるので、そんなときにライバル競合を使っていくイメージでいいでしょう。もちろん、両方を上手に絡めてCX-5の値引きを拡大していくのもアリです。

 

CX-5の値引き交渉を実践!

 

愛車の買取相場を押さえて、CX-5の値引き術を学んだら、ついに交渉を実践することになります。

 

CX-5に限らず新車の値引き金額は、初回交渉で一発アップということはありませんし、何回も交渉したからといって伸びるものでもありません。大事なのは3回でバシッと決めること。それ以下でも以上でもCX-5の限界値引きは引き出せないと考えていいでしょう。

 

ここでは、初回~3回目交渉のポイントをご紹介します。

 

初回交渉

CX-5初回交渉は顔合わせとなります。ここで激しいCX-5の値引き交渉は行いません。まずは「買う意思があること」「安くしないと契約してもらえないと思わせること」が大切です。ここでは見積書を取れば十分です。

 

マツダディーラーに足を運んでもいいのですが、すでに解説したとおり、対抗マツダディーラーやライバル車種ディーラーにも行かないといけないので、何日もつぶれてしまうことになります。

 

そこで時間節約を考えるなら、オンライン見積り取り寄せを利用するのがおすすめです。例えば自動車総合情報サイトの「オートックワン」には、全国のディーラーから新車見積もりを取り寄せるサービスがあります。これを利用すれば、CX-5値引きの初回交渉をカットできますし、「見積りを取った期待客」という印象をディーラーに与えることができます。

 

実際お店に行ってもいいですし、オンライン取り寄せでもいいので、とにかくCX-5の見積もりを取ることが第一です。そうすれば、ディーラーに購入意思を伝えることができるでしょう。

 

全国のディーラーから見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
http://autoc-one.jp/

 

2回目交渉

CX-5の2回目交渉は初回とは違い本気で交渉していきます。2回目もちゃんと来てくれるお客さんは超ホット客なので、ディーラーもしっかり対応してくれます。ここで行うことは以下の通りです。

 

  1. 他店の見積書を用意してプレッシャーをかける。
  2. 他店の見積書は営業マンには見せない。
  3. オプション値引きも狙っていく。
  4. 限界まで交渉を煮詰めて、契約せずに帰宅する。

 

他店の見積書を持って、「あの店は結構安くなりそうなんだよなぁ」とプレッシャーをかけていくと、営業マンは焦ってCX-5の値引きを上乗せする傾向があります。ただ、このとき実際の見積書は見せないでください。「見せて」と言われても「他店に迷惑がかかるから」と言って断ってください。「見せはしないが、手元にはある」という状況が、営業マンにプレッシャーを与えます。

 

当然実際に見積書がないとリアル感がないので、必ず他店の見積書も取っておいてください。

 

そして、オプション値引きも狙っていきましょう。予算に限りがあることをにおわせると、簡単に15%くらいはオプション値引きできるのでやらない手はありません。

 

この段階で営業マンはアツアツになって、「今日CX-5の契約を決めてください!」と言ってきますが、ぐっとこらえて帰宅してください。

 

3回目交渉

ついにCX-5値引きの3回目交渉となりますが、ここでは営業マンも契約する気マンマンなのでガンガン条件を言って構いません。CX-5の車体値引きはもちろん、諸費用のカットやガソリン満タン納車など、さまざまな値引き条件をどんどん提示して、予算に近づけていってください。当然、予算に達したら欲張らず契約してあげることも忘れないでください。

 

最後に、CX-5交渉に効果のあるとっておきの殺し文句をいくつか紹介しますので、状況に応じて使ってみてください。

 

ハンコを机に置いて、「●●万円以下になるなら、この場でハンコを押す!」と言う。
「嫁さんがエクストレイルの方がいいと言っている。なんとかしてくれ」と泣き落としをする
「じゃあ契約するか…」と言った後に、「あっ!○○オプションが欲しいんだった…予算超えちゃうな、なんとかしてよ」と言う

 

まとめ

愛車の買取相場を調べる

愛車の買取相場を知らないと、CX-5の値引き交渉のステージに上がることすらできません。一括査定サービスなどを利用して、事前に買取相場を調べておきましょう。

 

おすすめの一括査定サービスはこちら
>>http://a-satei.com/

 

CX-5ならではの値引き術を知る

CX-5はマツダの自動車なので、マツダ同士競合が有効です。相見積もりをして値引き合戦に持ち込みましょう。また、エクストレイルやハリアー、ヴェゼルなどのライバル車種との相見積もりもからめていくとさらに効果大です。

 

交渉は3回で決める

CX-5の値引き交渉はダラダラやっても効果なしなので、3回で決めるようにしましょう。もし3回目で満足行く結果が出なければ、別のディーラーに言って同じようにCX-5の交渉をこなしていけばいいだけです。

 

 

全国のディーラーから見積もりが取り寄せられる「オートックワン」の公式サイトはこちら
http://autoc-one.jp/

 

 

以上のポイントを押さえて交渉すれば、愛車の売却で20~30万円、CX-5の値引きで20万円程度のコストカットが実現でき、トータルで50万円のコスト削減が可能となります。

 

CX-5値引きの基礎知識

今乗っている車の買取相場を覚えるのは最低限の準備。まだまだ覚えることはいろいろあります。ここで説明していくので、しっかり確認しておきましょう。

 

CX-5の値引き目標を設定する

 

まず知っておいて欲しいのは、「CX-5の車両本体の値引き」と「オプションや付属品の値引き」は別だということです。CX-5の場合、「車両本体値引き」は27万円程度が限界額で、オプション・付属品については10~15%値引きできれば合格です。

 

そのため、もしCX-5にオプションを8万円分付けるとした場合、オプション値引きの合格ラインは1~2万円程度となります。その場合、車体値引きと合わせた値引き合格ラインは28~29万円程度です。

 

値引きについて調べていると、「50万円値引きできた!」なんて情報を目にすることがあるかもしれません。しかし、それはオプションを100万円分付けているからこそ達成できるものなのです。なので、そういった情報に左右されて、「自分もCX-5の大幅値引きを狙おう!」と考えて無理をしても、到底達成できずに時間を浪費してしまうことになるのです。

 

営業マンも人ですから、限界を狙ってずっと契約を渋る客にはやる気をなくしてしまいます。しかし、きちんとしたCX-5の値引き目標を持っているお客さんが相手なら、自然と理解して条件を近づけてくれるのです。

 

 

・関連リンク
マツダ