ディーゼルの力強さが味わえるCX-5

CX-5はマツダの販売する車種の中でも売り上げ好調なSUVとなります。魂動デザインを採用したシャープな外見は特に男性から強い支持を受けていますが、取り回しのしやすさから女性の間でもなかなかの評判を誇っています。

 

登場したのは2012年とまだ歴史がそれほどない車種ではありますが、その「かっこいい」外見とディーゼルエンジンというユニークなパワーユニットがウケて、年間3万台近くを売り上げ、マツダの復活を印象付ける車種となりました。

 

新たに2017年には2代目CX-5も登場し、よりシャープな外観を獲得して人気を博しています。

 

なんといっても特徴はマツダ自慢のスカイアクティブ技術を搭載している点です。スカイアクティブというと、単にエンジン性能が高いだけと思われがちですが、もともとスカイアクティブというのはマツダの先端技術の総称のことです。CX-5はそのスカイアクティブ技術が採用された車種の「元祖」ともいえる存在で、エンジンだけでなく、シャシーやボディにも先端技術が惜しみなく注がれているのです。

燃費性能や乗り回しはどうなの?

 

もちろん燃費についても圧倒的な性能を誇っており、JC08モードの燃費はディーゼルの場合18.0km/リットルとビッグサイズのSUVとしてはかなりの数値を持っています。またディーゼルエンジンであればもともとの燃料も低コストで済み、さらに燃費コストは下がります。

 

ディーゼルと言えば燃費だけでなく、トルクについても特筆すべきものがあります。CX-5の場合、最大トルクは42.8kg・m/2000rpmとなり、ガソリンエンジンでいえば4000ccクラスの数値を誇っており、軽くアクセルを踏みこむだけできつい坂でもすいすいと加速するためかなりの余力感を味わうことができます。

 

CX-5はSUVの中でも比較的大きなサイズとなりますが、その割には最小回転半径は5.5mと比較的小さく、女性にも運転しやすく乗り回ししやすい車種と言えるでしょう。

 

値引き事情はどうなの?

 

フルモデルチェンジをしたばかりなので、値引き状況は非常に渋くなっています。さらに、マツダはディーラー全体の傾向として「車体値引き」を渋くしがちなので、付属品・オプションを含めた値引きを拡大していくべきです。

 

また、大都市ほど値引きが拡大しやすい傾向があります。なので、郊外に住んでいる場合は地元のディーラーと都心のディーラーを相見積もりさせていく方が値引きは成功しやすいでしょう。

 

CX-5主要諸元表

 

全長 x 全幅 x 全高 4540x1840x1705mm
全長 x 全幅 x 全高(室内) 1910x1530x1280mm
車両重量 1620kg
乗車定員 5人
ホイールベース 2700mm
シート配列 2列
駆動方式 4WD
ミッション フロア6AT
ミッション位置 フロア
ドア数 5ドア
最小回転半径 5.5m
最低地上高 210mm
最大トルク 42.8kg・m/2000rpm
最高出力 175ps/4500rpm