CX-5の試乗レポートを公開

CX-5はマツダの中でも人気車種の一つで、ディーゼルエンジンのSUVという新しい分野を開拓したクルマです。

 

今回、実際にCX-5の試乗を行ったので、徹底レポートを行います。

 

 

 

「ソウルレッドプレミアムメタリック」は約5万円のメーカーオプションカラーとなりますが、その分「匠塗 TAKUMINURI」の技術が使われており、鮮やかさと深みが混在した非常に質の高い色合いとなっています。

 

今回試乗したのは、CX-5のディーゼルエンジン車とガソリン車2500ccの2台。ディーゼルとガソリンの違いを交えつつ、運転性能やシートアレンジ、荷室などのレポートを紹介します。

 

CX-5試乗時の運転性能評価

 

運転席周りを評価

 

 

ホイールは19インチでしたが、SUVらしい迫力が良く出ていて、CX-5の魂動デザインにもよくマッチしています。

 

 

フロントドアの質感も高く、開け閉めの際の重厚感もあります。また床が低く、地面に立った時のおしりの高さと座面の高さが同じなので乗り降りもスムーズにいきます。

 

 

こちらは運転席周り。マツダ車では珍しい、メーターとナビが同じ目線の高さにあるしくみのため、視線の移行移動だけでメーターとナビが見分けられる工夫がうれしい点です。また、全車テレスコピックステアリングとなっており、ステアリング位置の調整が可能。そのため、ドライバーごとに最適のステアリング位置にできるため、夫婦で乗り回す際に活躍しそうです。

 

また、全車本革巻きステアリングのため、ウレタンのゴツゴツした感じがなく、スムーズな手触りと高級感を味わうことができます。

 

 

走行中によく使用する「クルーズコントロール」や「オーディオスイッチ」はステアリングに配置されていますが、それほど使用しない走行・安全機能についてはステアリング右側にセットされています。

 

 

シフトレバーは最近のマツダ車によくあるジグザグのスタッガート式で、全車本革使用のためチープ感は一切ありません。

 

また、シフトレバー下部にはコマンダーコントロールが配置されていて、視線を落とすことなく、ナビやオーディオの操作ができるように工夫されています。

 

その他、インテリア周りの評価については↓をご覧ください。

 

>>インテリア解説|おすすめメーカーオプションやシート素材など

 

運転性能を評価

 

次に、実際の試乗での運転性能評価をしていきます。

 

まずはスカイアクティブ-Dを搭載したディーゼル試乗車をチェックしました。まず感じたのが、スターターボタンを押してエンジンを始動した際、ディーゼルにありがちな起動音や振動が抑えられているところ。本場のヨーロッパ製ディーゼル車だと、車種によっては腰に来る振動に耐えなければいけないことがありますが、CX-5の場合は振動は極力抑えられており、この点はヨーロッパ車以上と言っていいでしょう。

 

また、ディーゼル特有の「カラカラ音」については、確かにCX-5でも解消はできていないものの、ボリュームはかなり小さく抑えられています。ディーゼルに乗ったことがないドライバーだとはじめはどうしても気になるかもしれませんが、アクセルを順調にふかしていくとだんだん気にならなくなるはず。

 

ディーゼルターボは、NAターボに比べてターボラグが気になることが多いのですが、スカイアクティブ-Dに関してはどの回転域でもスムーズな印象があり、とくにトルクが最も大きくなる2000回転あたりでも安定性を保っていました。集中すると微妙にターボラグを感じるレベルで、普段は気にならないレベルに落ち着いています。

 

そしてやはり圧巻なのはディーゼルならではの大トルクで、最大トルク回転数が2000回転のため、いったん減速しても再加速は超スムーズ。シフトダウンしなくてもしっかり巡航速度に乗ることができ、ガソリンなら5000回転くらいいってしまうところを抑えられるので静音性も高くなっています。登り坂でもグイグイ加速するのは感動と言うほかありません。

 

個人的には、大トルクによって登り坂を苦も無く登れるのも確かに便利ではありますが、高速走行中にすばやく巡航速度に戻ったり、少ないエンジン回転数で走行できる快適性の方に魅力を感じました。

 

次はガソリンエンジンのスカイアクティブ-Gですが、こちらはディーゼルのような大トルクはないものの、アクセル応答性能が非常に高い印象。かといって踏み込みすぎると加速しすぎて怖い、ということもなく、バランスよく調整されているように感じました。

 

トランスミッションについては、イメージに残らないくらいスムーズで、違和感はほとんどナシ。マツダのモットーである「人馬一体」がいかんなく発揮されていることが実感できました。

 

またガソリン車の方がいいなと思える点については、コーナリング・ハンドリングについてです。ディーゼルは構成上車重がガソリン車より重く、なおかつ重心も後ろ気味なため、車体が軽く重心が前にあるガソリン車のほうがステアリングを切った時の応答は素早いように思えました。

 

CX-5試乗時の運転性能総評価

 

  ディーゼル ガソリンエンジン
運転性能 大トルクによる加速の安定性、登坂・悪路走行性が高い アクセル応答性のが高く、キビキビした走りが可能
足回り 若干ゆったりしているが、重厚な走りができる トランスミッションの違和感がなく、スポーティで軽快なコーナリングが可能

 

CX-5のシートアレンジや乗り心地の試乗レポート

 

次に、CX-5のシートアレンジ、乗り心地について、試乗時の評価を発表します。

 

運転席・助手席のシートアレンジ、乗り心地

 

運転席からの視認性についてですが、CX-5は低めの全高になっているものの、視点の高さについてはこのクラスではトップクラスに高い1350mmとなっているため、ミニバンのような見下ろし感があります。シートに関しては座面が広く、骨盤をしっかり支えるため、長距離ドライブでも疲れにくいはずです。

 

 

シートアレンジについては、試乗車に関してはラチェットレバー式のシートリフターとなり、前後と上下、リクライニングのみでした。しかし、「L Package」の場合は10wayとなり、ランバーサポートやシートチルトが追加されます。また、パワーシート&シートメモリ―付となるため、最適なシート状態を保存し、自動的に動かすことができます。

 

後列席のシートアレンジ、乗り心地

 

 

後列シートに座った際の乗車視点画像が↑です。前列シートのスライド量にもよりますが、軽自動車やコンパクトカーに比べるとずいぶん足元スペースに余裕があります。また、前席同様、アップライトな作りになっており、天井にも余裕があるので乗り心地の快適性は保たれています。また、前席の座面下に空間があるので、そこに足先を指し込むこともでき、長距離ドライブでも疲れにくいでしょう。

 

 

シートアレンジについては、4:2:4の3分割可倒式となっています。↑は真ん中だけ引き下げた例ですが、4人乗車しつつ、真ん中に長尺荷物を積むなどのシートアレンジが可能となっています。

 

CX-5の試乗時に注意したいポイント

 

CX-5の試乗時には運転性能などの評価をするのが一般的ですが、その他に見ておいて欲しい点が1つあります。それは「ナビ」で、自分にとって使いやすいかどうかは必ず試してほしいのです。

 

というのも、CX-5は全車標準でナビが搭載されており、別途ナビ本体の料金がかからないのが魅力ですが、その分他のナビを利用することができないのが欠点でもあるのです。そのため、基本的にディーラーナビは用意されていませんし、今まで自分が使っていたナビを流用することもできません。なんといっても、標準のナビを付け替えた人が、ディーラーの中で語り草になっているほどなのです。

 

先ほど画像で示したように、ナビ自体はメーター左横にあり、視線を落とさずに見られるため視認性については良好なのですが、ナビの画面がすこしくぼんでいるので操作がややしにくいといった印象がありました。もしこのナビが試乗時にどうしても耐えられないというような場合は、CX-5ではなく、違う車を本命にしたほうがいいかもしれません。

 

ただ、目的地を設定してそこにたどり着ければOK、という場合、それほど問題はありません。CX-5のナビに関しては先ほども書いたように本体の追加料金がなく、ソフトウェア(約5万円)程度の出費で利用できるのでコストがかからないのが利点です。試乗して使い勝手が気にならないなら、そのまま購入しても問題ないでしょう。

 

とにかく、ナビについては後から付け替えなどがほぼ不可能なので、CX-5の試乗をする場合はナビについてもきちんと見ておくようにしましょう。

 

CX-5試乗によって商談が有利になる

 

CX-5を試乗しようと思うのは、買う前に様子を知りたいというのが主な理由のはずです。ですが、実は試乗にはそれ以外のメリットもあります。

 

というのも、CX-5を実際に試乗することにより、営業マンに「この人は本当に買う気なんだな」と思わせることができるのです。

 

なので、もしCX-5を限界値引き購入したいなら、まずは試乗だけはしておいたほうがいいでしょう。そうすれば、営業マンにも気持ちが伝わり、値引きの態度が緩和される可能性が高いです。

 

とはいえ、ただ試乗をしただけですぐに値引きが増額されるわけではないので、その他のテクニックも必要です。CX-5の値引き幅を広げるテクニックについては↓で紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

>>CX-5値引き交渉トップページ